最安値ワイン通販(通信販売)購入はコチラ ネット通販ショッピング、ワインの格安販売店、取扱店、オンラインワインショップエーワイン

ワイン通販ワインショップエーワイン
RSS RSS
ワイン通販(通信販売)インターネットショッピング
トップページ商品カテゴリ送料、お支払いなど(通信販売規約)お問い合わせ会員登録ショッピングカートの中
シャトー ラフィット ロートシルトシルト logo

シャトー ラフィット ロートシルトのワイン
Chateau Lafite Rothschild

シャトー ラフィット ロートシルトシルト
シャトー ラフィット ロートシルトシルト
上空から見たシャトー ラフィット・ロートシルト
シャトー ラフィット・ロートシルトの上空写真
ラフィット・ロートシルトの円形地下樽熟庫
ラフィット・ロートシルトの円形地下樽熟庫

シャトー ラフィット ロートシルト
販売ページはコチラです。

ドメーヌ バロン ド ロートシルト

シャトー リューセック

ロス ヴァスコス

シャトー ラフィット ロートシルトシルトは、1855年の公式格付けで、グラン・クリュ第1級の第1位に認定された、名実ともに世界最高峰の赤ワインです。力強さの中に、あくまでも繊細な気品を秘めたその風味には比類がありません。

シャトー ラフィット ロートシルトの歴史

シャトー ラフィットの起源とセギュール家

ラフィットという名が聞かれるようになったのは、1234年、ポイヤック北部のヴェルトゥイユ修道院長、ゴンボード・ド・ラフィットの登場からですが、中世の領土の名前として登場するのは14世紀になってからです。ラフィットという名はガスゴーニュ語で「小高い丘」を意味する“La Hite (ライット)”に由来しています。ここには以前から葡萄畑が存在していたと考えられていますが、素晴らしいワインを造るシャトーとしての評判が高まったのは、17世紀、セギュール家が葡萄畑を作ってからでした。1670年代から1680年代はじめにかけて、この葡萄畑を興したのは、ジャック・ド・セギュール(カロンセギュール)とされています。1695年、ジャック・ド・セギュールの息子、アレキサンドルが、シャトー ラトゥールの女性相続人と結婚し、ニコラ・アレキサンドル・ド・セギュールをもうけました。こうして、ラフィットとラトゥールの領土は統合され、偉大なワイン造りの歴史の幕が開いたのです。

ニュー・フレンチ・クラレット(赤ワイン)

18世紀初頭、ラフィットのワインはロンドンで販売されるようになりました。1707年の官報『ロンドン・ガゼット』には、ラフィットのワインが「ロンドンで競売にかけられた」と記されています。これらのワインは、イギリスの海賊船やイギリス海軍の船舶が押収した外国商船に積まれていたものでした。(当時はスペイン王位継承戦争のさなかにありました)『ロンドン・ガゼット』はラフィットなどのボルドーワインを「ニュー・フレンチ・クラレット」と呼び、競売では、正確な産地に続き、製造年が知らされました。1732年?1733年には、ワイン愛好家として知られるイギリス首相ロバート・ウォルポールが3ヵ月ごとにラフィットを樽で購入していましたが、フランスでボルドーの赤ワインが認知されたのは、それからしばらくたってのことでした。

「王のワイン」と「葡萄の王子」

1716年、ニコラ・アレキサンドル・ド・セギュール侯爵はラフィットの成功を確実なものにするための取り組みを始めました。ワイン造りの技術を改善し、特に外国市場とヴェルサイユ宮廷で最高級ワインとしての名声を高めました。侯爵は「葡萄の王子」として知られるようになり、ラフィットは、有能な大使マレシャル・ド・リシュリューの支援で「王のワイン」となりました。1755年、ギュイエンヌ(フランス南西部のボルドーを中心とするフランスの旧州名)の総督に任命されたマレシャル・ド・リシュリューは、ボルドーの医師の診察を受けた際、医師から「最上で心地よい強壮剤だ」とシャトー ラフィットのワインを勧められました。その後パリに戻り、ルイ15世に謁見した際、ルイ15世は「マレシャル、君はギュイエンヌに行くときよりも25歳は若返って見える」と言いました。それに対し、リシュリューは「陛下は、私が若返りの泉を見つけたことをまだご存知ないのでしょうか?シャトー ラフィットのワインは元気が出るコーディアル、オリンポス神のアムブロシア(神々の食べ物)のような美酒です」と答えました。その直後、ラフィットはヴェルサイユで大変な話題となり、王が認めたワインとしてあがめられるようになりました。誰もがラフィットのワインを欲しがり、ルイ15世の寵妃ポンパドール夫人の晩餐会にも出されました。後の寵姫バリー夫人も「王のワイン」以外は飲まないとしたほどでした。

困難な相続

侯爵には息子がいなかったため、ラフィットは4人の娘に分け与えられました。こうして、ラフィットはラトゥールから分離されましたが、1785年までは、どちらもセギュール家が所有・管理していました。侯爵の長女は、従兄弟でパリ市長のアレキサンドル・ド・セギュールと結婚し、その息子のニコラ・マリー・アレキサンドル・ド・セギュール伯爵が、ラフィットを引き継ぎました。1785年に執筆された作者不明の「ラフィットの領地」についての伝記には、ラフィットは「世界一の葡萄園」であると記述されています。しかしセギュール伯爵にとって、物事はそれほど上手くいきませんでした。莫大な負債をかかえた伯爵は、1784年、シャトー ラフィットの売却を余儀なくされました。伯爵の親戚で、ボルドー議会初代議長のニコラ・ピエール・ド・ピシャールは、「親族の権利」をうたった法律を行使してラフィットを購入しました。

トーマス・ジェファーソン

フランス革命前夜、ラフィットはワイン造りの頂点にありました。この様子は、後のアメリカ合衆国大統領、トーマス・ジェファーソンが残した素晴らしい文献に記されています。ヴェルサイユ宮廷にアメリカ共和国大使として駐在していた、農業家、ビジネスマン、政治家、弁護士、建築家、外交官、そしてヴァージニア大学の創始者という多彩な顔を持つジェファーソンは、ワイン造りに大変興味を持ち、祖国でのワインを造りを思い立ちました。そこでジェファーソンは、1787年5月、ボルドーに滞在し、シャルトロン地区の有力ワイン商を5日間でまわり、多くの情報を集めました。そのときの様子を記した旅行記には、後に主要ワインとなる4つのワインに焦点をあて、ワインの等級についての詳細な説明がされています。その4つの中のひとつが、シャトー ラフィットでした。ジェファーソンは死ぬまでボルドーワインを愛し、飲み続けました。

オランダの領土

ラフィットの管理者であったセギュール家は、残酷な事件がきっかけで、その役割を終えることになりました。「恐怖政治」としてフランスの歴史に名を残すこの時代、短期的に使用されていた革命歴でいうところの、2年の収穫月12日目(1794年6月30日、共和暦)、ニコラ・ピエール・ド・ピシャールが処刑されたのです。シャトー ラフィットのホールには、1797年9月12日にラフィットが競売にかけられることを告知するポスターが貼られています。その中でラフィットは、『ボルドー最上級ワインを生産する、メドック地区の一流葡萄園』と説明されています。そのラフィットを購入したのは、オランダ籍のジャン・ド・ウィットでしたが、すぐに、同じオランダ籍の3人の商人に売却せざるを得なくなりました。売却直後からラフィットは数々の素晴らしい管理者に恵まれましたが、中でも最も顕著な活躍をしたのは、ジョセフ・グーダルでした。グーダルは19世紀初頭、素晴らしい手腕を発揮してシャトーを管理しました。1800年から所有者となった3人の名前は、ジャン・アレンド・ド・フォス・ファン・スティーンヴウィック、オトン・ギョーム・ジャン・ベルグそしてジャン・ゴル・ド・フランケンシュタインです。

ヴィンテーンベルグの謎

1818年、ラフィットの新しい所有者になったのは、バルブ・ロザリー・ルメール夫人でした。ルメール夫人は、大手穀物卸売商でナポレオンに武器を供給していたイニャス=ジョセフ・ヴィンテーンベルグの妻でした。夫の死を受け、ルメール夫人が1821年、ラフィットをイギリス籍のサー・サミュエル・スコットに正式に売却した際、不可解なことがおこりました。スコットとその息子は1867年までラフィットを実際にしっかりと管理、運営を行っていましたが、スコット親子は、実は、ルメール夫人とイニャス=ジョセフ・ヴィンテーンベルグの間に生まれた息子、エメ・ウジューヌ・ヴィンテーンベルグの代理人だったのです。1866年、エメ・ウジューヌ・ヴィンテーンベルグの財産相続時に、故人の所有権を証明するための書類が出されました。この事実はずっと伏せられていましたが、その50年後、ヴィンテーンベルグの名前がラフィットの歴代所有者の中に加えられました。この期間は、歴史的なヴィンテージに恵まれ、素晴らしい品質の1795年と1798年、そして1801年、1802年、1814年、1815年、中でも特に1818年が、良いヴィンテージとなりました。

1855年の格付け

1815年、仲買業者のギョーム・ロートンが、メドック地区のワインの私的格付けを発表しました。ロートンの格付けは、1855年の格付けとほぼ一致していたことから、とても正確な評価だったといえるでしょう。ラフィットは、そのときすでにリストの上位に位置していました。ロートンは、「ラフィットを、3つの(一流ワイン)の中で、最も上質の葡萄を使った、最も優美で、繊細なワインと評価した」とコメントし、さらに「メドック地区で一番優れたワイン」と付け加えました。なかでも1834年のヴィンテージは1841年同様、特に優れており、1846年もとりわけ優れていました。1855年、パリ万国博覧会のヴィンテージ・ランキングでは、「最高級ワインのリーダー的存在」との公式評価を獲得。メドック地区の葡萄園にとってこのランキングは、その後迎える驚くべき成功の時代の基準点となりました。この期間の上質ヴィンテージは、1847年、1848年、1858年、1864年、1869年、1870年そして1876年です。

ジェイムズ・ド・ロートシルト男爵

1868年8月8日、ジェイムズ・ド・ロートシルト男爵が、イニャス=ジョセフ・ヴィンテーンベルグの遺産として競売に出されていたシャトー ラフィットを購入しました。ロートシルト家フランス支部のトップだったジェイムズ男爵は、ラフィット購入のわずか3ヵ月後に亡くなりました。ラフィットはその後、アルフォンス、ギュスターブ、エドモンドの3人の息子に引き継がれました。ラフィットには当時74ヘクタールの葡萄畑がありました。新しい所有者を歓迎するかのように、1868年のヴィンテージは、あらゆる意味で記録に残るものとなりました。そのヴィンテージイヤーのワインの中で、最高値がついたので、1トノー(900リットル、225リットルの樽4個分)の値段が当時の金額で6,250フラン(現在の4,700ユーロ)。この記録は、20世紀の終わりに破られましたが、19世紀の最高値として記録されています。アルフォンス、ギュスターブそしてエドモンド男爵にとって幸運だったのは、メドック地区の「黄金時代」がラフィット購入後15年間続いたことでした。

災難と戦争そして危機

19世紀末から20世紀前半にかけては激動の時代でした。葡萄畑がフィロキセラ(葡萄の根の寄生虫)とカビが原因のウドン粉病、ベド病の被害にあったのに加え、産地を偽る組織的詐欺が主要ヴィンテージに被害を与えました。さらに、第一次世界大戦の勃発や世界大恐慌の発生により、価格が急激に下落しました。うどん粉病、ベド病で大きな被害が出ていたシャトー ラフィット・ロートシルトは、1882年から1886年まで、そして1910年と1915年のヴィンテージを使用しない方針をとりました。また、組織的詐欺に対抗するため、シャトー内での瓶詰めも実施しました。第一次世界大戦中、ラフィットは徴兵召集と供給の制限により大きな打撃を受け、さらに1930年代の大恐慌にも苦しみました。市場は底値が続き、前代未聞の経営危機を招いたことが、葡萄畑の縮小につながりました。この暗黒の時代で例外的なのは、1899年、1900年、1906年そして1926年と1929年で、素晴らしいヴィンテージとなりました。

第二次世界大戦と占領

第二次世界大戦で、ラフィットはまた別の試練を経験しました。1940年6月、フランスの降伏により、メドック地区がドイツ軍に占領されたのです。ドイツ軍は、シャトー ラフィット・ロートシルトとシャトー ムートン・ロートシルトを占拠しました。ロートシルト家の所有地は没収され、行政の管理下におかれました。ドイツの手に落ちるのを避けるため、フランスのドイツ傀儡(かいらい)政権の計らいで、ワイナリーは1942年、解散させられ、農業訓練学校として使用されるようになりました。徴用や古いヴィンテージの略奪により、品不足は深刻化し、規制もますます厳しくなったことが、シャトーにとって大きな痛手となりました。バロン・ド・ロートシルトは1945年末、シャトー ラフィット・ロートシルトの所有権を取り戻し、エリー男爵がシャトーの再生を手がけました。その努力は1945年と1947年、そして1949年の素晴らしいヴィンテージという形で報われました。

エリー男爵:再生事業

エリー男爵は、葡萄畑と施設の再生、シャトーの管理体制の全面的な見直しに取りかかりました。1950年代には、シャトーの下手に広がる草原から有機肥料を調達するため乳用牛を飼うという、具体的な対策をとりました。また、高級ワイン市場の再生という難題にも率先して取り組み、ロンドンの「試飲会」への積極的な参加や、1950年にはメドック地区のワイン製造者組合、ボンタン騎士団の設立に携わるなどの活動を通じて再生に努めました。1955年は素晴らしい年となり、ワインの再生が進んだことを証明しましたが、1956年2月、ボルドー地方の葡萄畑は、ひどい霜害に見舞われました。それでも、1959年と1961年には再び素晴らしいヴィンテージに恵まれました。1960年代は新しい市場、特にアメリカに市場を創出したことで、再生事業の総仕上げとなりました。シャトー ラフィット・ロートシルトとシャトー ムートン・ロートシルトの競争により、価格が上昇しました。

エリック男爵:再開発事業

ボルドー地方を直撃した1973年から1976年の小さな危機の後、1975年と1976年には素晴らしいヴィンテージに恵まれ、再生の幕開けとなりました。また、エリー男爵の甥にあたるエリック・ド・ロートシルト男爵が運営を引き継いだことで、再生が確かなものになりました。エリック男爵は、素晴らしいワイン造りのための研究を行い、新しいテクニカルチームの人材を徐々に増やしていくことで、シャトーの運営に新しい空気を取り入れました。葡萄畑では、肥料の与え方の見直しや除草剤の限定使用によって、植え替えや再建作業が進められました。醸造所では、オーク樽の横にステンレスタンクが設置され、熟成用の円形貯蔵庫がカタロニア人建築家のリカルド・ボフィル監督の下建築されました。2,200樽の収容能力を持つこの新しいスタイルの貯蔵庫は、その斬新性と妥協を許さない精神が高く評価されました。同様の芸術的な精神に基づき、1985年、エリック男爵は芸術写真家を招待し、シャトー ラフィットの写真撮影を依頼。この慣習は、今も毎年続けられています。今までに招待した写真家は、ジャック・アンリ・ラルティーグ、アーヴィング・ペン、ロベール・ドアノー、リチャード・アヴェドンなどです。さらに、フランスや海外のドメーヌ(バロン・ド・ロートシルト領地の「歴史」のページを参照)の買収を通じて、領地を広げていきました。1980年代(1982年、1985年、1986年、1989年、1990年)の素晴らしいヴィンテージは市場でますます高値がつくとみられています。

将来有望なヴィンテージ

こうした好調な市況は1990年代いっぱい続きました。21世紀を平穏に迎え、多くの新しい上質のヴィンテージが現在、地下と地上の貯蔵庫で熟成に入っています。中でも1995年、1996年、1998年、1999年そして2000年のものは、年を経るにしたがい、その素晴らしさが明らかになるでしょう。この楽観的な見通しは、高品質を追求する長年の研究成果に基づいて出されています。

シャトー ラフィット ロートシルトシルトのぶどう畑

完熟する葡萄畑

畑位置: 3つの主要地域(シャトーの丘の中腹、西のカリュアド台地、近隣のサンテステフに4.5ヘクタールの畑)に位置しています。

面積: 178ヘクタール(内103ヘクタールが葡萄畑)

土壌: 風積土と混じった深く細かい砂利層。下層部は第三世紀の石灰質。
十分な排水処理と日光照射が行われています。

葡萄品種と栽培比率: カベルネ・ソーヴィニヨン(71%)、メルロ(25%)、カベルネ・フラン(3%)、プティ・ヴェルド(1%)

平均樹齢: 平均30年ですが、畑の20ヘクタールを占める、10年以下のものはグラン・ヴァン(シャトー ラフィット・ロートシルト)には使用されないため、グラン・ヴァンに使用されている葡萄の平均樹齢は40年になります。さらに特筆すべきことは、18ヘクタールの葡萄が樹齢50年以上だということです。最も古い区画は「ラ・グラビエル」と呼ばれており、1886年に植えられた葡萄は樹齢115年になります。他の2つの区画の葡萄も樹齢80年以上です。

運営: DBRのテクニカルディレクター チャールズ・シェバリエ

敷地や葡萄畑が隣接していることから、シャトー ラフィット・ロートシルトとシャトー デュアール・ミロンは1962年から同じチームが管理しています。両シャトーは厳格な収穫技術に基づき、手作業での収穫を実施。年間を通じて、定期的にメンテナンスを行っています。化学肥料はほとんど使わず、有機肥料もわずかのため、寿命の長い葡萄の木を育てることができます。樹齢80年を超えた株だけを(後ろ髪を引かれる思いで)引き抜いています。

シャトー ラフィット ロートシルトシルトのワインセラー

伝統的なワイン造りと厳格な選別

ワイン造り: 収穫された葡萄を区画ごとに別々のタンクに入れ、発酵させます。こうすることで、葡萄の出所がわかるようにします。ラフィットでは、伝統を守りつつ、現代的な手法も合わせて使用しています。発酵には2つの発酵槽を使用。伝統的な発酵槽は巨大なオーク樽で、ステンレス製の現代的な発酵槽は、冷却温調装置と、自動温度制御装置を備えています。アルコール発酵後、テイスティングします。「フリーランジュース(圧力をかけずに自然に流れ出た果汁)」と絞りかすは分離され、絞りかすは「プレスワイン」を作るために、圧搾機にかけられます。その後、それらをまとめて別の樽に移す前に、タンク内でマロラクティック発酵と呼ばれる二次発酵を行います。ここで使用される熟成用のオーク樽は全てDBRの樽工房で作られています。

熟成: それぞれのタンクから数回テイスティングをし、全てのワインの品質を確認します。ワインのブレンドは、3月に実施される初回のラッキング(オリ引き)後に実施されます。その後、ワインは貯蔵庫で18ヵ月から20ヵ月の熟成に入ります。この間、ワインを浄化するため、醸造の責任者が定期的にオリ引きをします。それぞれの樽に4?6個の軽くといた卵白を加え、浮いている不純物を吸収し、樽の底に沈ませます。その後ワインは6月に瓶詰めされます。

年間生産量: シャトー ラフィット・ロートシルトとセカンドワインのカリュアド ド ラフィットのここ10年の年間平均生産量は、45,000ケースです。


シャトー ラフィット ロートシルトシルトのセカンドワイン

シャトー ラフィット ロートシルトシルトのセカンドワイン銘柄 = カリュアド ド ラフィット ロートシルト

シャトー ラフィット ロートシルト、ラフィットグループのワイン通販販売、購入はこちらから。

シャトー ラフィット ロートシルトカリュアド ド ラフィット ロートシルト

ドメーヌ バロン ド ロートシルト ・・・ シャトー ラフィット ロートシルトシルトが、ボルドーで造るお買い得ワインです。

シャトー リューセック ・・・ ラフィットグループが造る貴腐ワインです。

ロスヴァスコス ・・・  ラフィットグループがチリで造るチリワインです。とてもお買い得です。


通販会員ログイン
メールアドレス
パスワード

ワイン通販カテゴリ
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
おすすめワイン価格検索(ご予算)

赤ワイン赤ワイン
〜2千円 / 〜3千円 / 〜5千円 / 〜1万円 / 1万円〜
白ワイン白ワイン
〜2千円 / 〜3千円 / 〜5千円 / 〜1万円 / 1万円〜
シャンパンシャンパン(シャンパーニュ)
〜5千円 / 〜1万円 / 〜2万円 / 2万円〜
スパークリングワインスパークリングワイン(クレマン、スプマンテ、カヴァ)
〜2千円 / 〜3千円 / 〜5千円 / 〜1万円 / 1万円〜
甘口ワイン甘口ワイン
〜2千円 / 〜3千円 / 〜5千円 / 〜1万円 / 1万円〜

お買い得セット販売

2本セット / 3本セット / 6本セット /
12本セット
/ 24本セット

ネット通販オンライン営業カレンダー

ドメーヌ バロン ド ロートシルトの販売
ルイ・ジャドの販売
ロス ヴァスコスの販売

RSS