ムルソー クロ ド ラ バール 2003 コント ラフォン

2144

ムルソー クロ ド ラ バール 2003 コント ラフォン 送料無料

(2144)

コント ラフォン ムルソー クロ ド ラ バール
オールドヴィンテージ
domaine des comtes lafon meursalt clos de la barre

送料無料(通常便)です。詳しくは、通販ガイドのご確認をお願いします。
※北海道、沖縄除きます。

分類 / フランスワイン
ワイン生産者 / ドメーヌ デ コント ラフォン / domaine des comtes lafon (ムルソーの最上の生産者の一つです。)
ワイン生産地区 / フランス / ブルゴーニュ / コート ド ボーヌ
ぶどう品種 / シャルドネ100%
ワインタイプ / 白ワイン
容量 / 750ml
参考価格 / 50000円+税
ワインpr /

コント ラフォン ムルソー クロ ド ラ バール最安の通販、販売、取扱店です。楽天市場、amazon、yahooショッピング、価格com、比較comより激安、格安、最安値を目指して販売しています。

コント ラフォン ムルソー クロ ド ラ バールのワイン通販インターネットショッピング、オンラインワインショップ

コント ラフォン
コント ラフォン
DOMAINE DES COMTES LAFON

コント ラフォンについて。
 ドミニク ラフォンが醸造責任者になって自ら畑を耕しワインを造るようになった1987年から、コント ラフォンのワインは国際的な高い評価を得るようになります。そして今ではコント ラフォンは世界有数のファインワインに数えられるようになり、入手するのがなかなか難しいワインのひとつになっています。英米のワイン ジャーナルは、ドミニクとそのワインを抜きにしてブルゴーニュ特集を組むことができないといっても過言ではありません。
 
ワイン
 醸造所は現在改修中で、竣工後が楽しみです。地下の樽貯蔵庫は、19世紀半ばのものですが、清潔に保ってあり、空気が爽やかです。
97年6月下旬、ちょうど95年産白ワインの瓶詰めの最中で、作業は2日間で終了します。白ワインは1昼夜のデブルバージュの後、小樽に移されて発酵工程に入ります。プルミエクリュとモンラッシェには新樽を使いますが、クロ ド ラ バールには新樽を使いません。
ただし、96年産クロ ド ラ バールは強かったので試験的に新樽を使っていました。
マロラクティック発酵は全てのワインで行っています。
最近、クロ ド ラ バールのそばのlurauleという畑を買い足しました。

歴史
 ドメーヌ デ コント ラフォンの創業は1868年。創業者はジュール ラフォンでした。
ジュール ラフォン伯爵が亡くなると、その財産は二人の息子、ピエールとアンリに引き継がれました。
ピエールも後を追うように亡くなり、子どものないアンリは相続した畑を売却しようと考えていましたが、甥のルネ ラフォン(ピエールの息子)が他家への売却に反対し、自ら畑など一切を譲り受けました。
ルネはエンジニアでパリに住み、メタヤージュ方式(分益小作方式=畑を農家に貸しだし、借地代の代わりに収穫したブドウあるいはワインを所有者に渡すシステム)でドメーヌを経営しました。
ワインは何年もの間ネゴシアンに売り渡され、コント ラフォンのラベルで販売されるようになったのは1961年からでした。
1967年にルネはパリの家を引き払い、ムルソーに移り住みます。
このころから徐々にコント ラフォンの名声は高まりだします。
ルネの息子ドミニクは、1981年からカリフォルニアやアルザスに出かけ醸造学を実地で学びました。1984年、ルネが引退すると、ドメーヌはその子、ドミニクとブリュノの引き継がれました。
ドミニクが醸造責任者、ブリュノが販売責任者になり、この時点でラフォン家のワイン造りは趣味ではなく、本業として取り組まれるようになりました。1987年にはメタヤージュを完全に廃止し、ドミニク自らが醸造だけでなくブドウ栽培にも乗り出しました。
ドミニクはさまざまな体験を生かし、ブルゴーニュの自然の恩恵を生かしたワイン造りに専念し、国際的に高い評価を得るに至っています。

750ml
¥27,820(税込)
只今お取扱い出来ません